ローカルフィッシング西表
ENGLISH contacttel
address


釣りました西表

IMPORT_NOIMG_アオリに即バイト

パラオの記事ふむふむ楽しそうであるなと拝見しておりましたら、西表に帰ってこられて即アオリの写真アップ。これはバイトせねばとコメントさせていただきました。なにやらよさげなウミピカーリャ。肝など教えていただければ、こっちでも作って試してみたいと思います&西表のアオリ君は岸沖含めてどんな具合でしょうか?事と次第によっては3月釣行決心します。

IMPORT_87_何度も抱きついてきました。

久しぶりの西表の釣りです。
悪天候が続いておりましたが今日は少し落ち着き波高も2m以内。さっそくウミピカーリャの新バージョンのテストをして参りました。パラオでは歯の鋭い魚にことごとくシーハンターを切られたので改良しました。これから西表もサワラやバラクーダー等が釣れ出しますので丁度良いテストです。
あいにく底物とマルヒラアジしか釣れませんがアオリイカが何度も抱いてきます、水面までヤル気満々なのですが抱いては離れの繰り返しです、思い切ってボトム(30m~40m)まで落とし込むと今度はしっかり針がかり、立て続けに二ハイゲットです。
コブシミ(モンゴウイカ)も水面まで追ってきたりとイカの群れに当たった様でしたが餌木が無いのに二ハイとは大変幸運でした。釣れた魚には見向きもせず、変てこなヤマピカーリャに興味深々のイカ達なのでした。

IMPORT_86_パラオのゴマフエダイは何処に、、、。

マングローブの釣りの為だけにパラオを訪れるゲストもいますので毎年ポイント探しをしています。過去にも河口では単発で70cm等が釣れていますが数が出ません。40cm~50cmUPの面白サイズを探してビッグアイランドをドライブしながらの釣りです。いつも入る川の上流に立ち込み可能な所が有りました。
ここ一番バングオーを信じてキャスト。読みどうりにグッドサイズのゴマがヒット、でも後が有りません。次回はここまでカヌーを持ち込んでの挑戦ですが少しだけクロコダイルが怖いです。ワニ避けのスプレーなどが有れば良いのですが、、、。
ゴマは必ず何処かに群れているはずです。西表でさえ三十匹も釣れるのですからパラオではモット釣れていいはずなのに。
立ち込みポイントもかなり有るのでロッド持参のドライブも良いですよ、アドルフもこのツアーを始めるので相談して見ては如何でしょうか?
●ビッグアイランドツアー情報
ワニのいるジャングルクルーズ、ランチ、ガイド兼ドライバー付き1名130ドル/5時間・2名参加のお一人料金 
マリンボックスで手配致します。

IMPORT_85_やはりGTは嬉しいですね。

パラオ初遠征や数回参加の方も7回目の兵もやはりGTは嬉しい魚です。年々釣り辛く成っているGTゲームもサイズにさえ拘らなければまあまあサイズのヒットはかなりの確率で遭遇致します。良くパラオのGTは釣れない、小さい等と言われていますが取れるサイズと遊ぶのも良いのでは無いでしょうか?無理をして大きな魚を釣るも良し、自分に合ったサイズを釣るも良し、、、。自分スタイルで遊べるパラオが大好きです。
(まだまだパラオには飽きが来ません、、、。)

IMPORT_84_西表でもパラオでも大爆発、、。ウミピカーリャ

今回の遠征にはジグをかなり減らして、、、と言うよりもほとんどジグは持参しませんでした。なぜならコンチネンタル航空の預け荷物の重量チエックが大変厳しく成ったからです。23kgをオーバーするとパラオまで9000円近くのチャージがかかります。以前はこんな事無かったのですが、、、。それに受付カウンターの係員の胸一つの様な気もするのですが。そんな訳でジグに代わるシリコン素材のフワフワルアーを沢山作り持参した訳です。見事に狙いは的中、アドルフファミリーの魚が必要な集まりの為にほとんど私一人でクーラーボックス一杯のアカジンを釣ってあげれたのもこのフワフワのお陰でした。同行の芝本さんが命名してくれました。西表の幻の大きなヤマネコ(ヤマピカーリャ)をもじってウミピカーリャと成りました。西表に来られた方には造り方をお教え致します。又、どうしても釣れない方には現地販売※超高値?も致します。(島に帰って来て早速バージョンアップの製作にとりかかっています。歯物対策です。今度はワフーに切られないシステムです。)

最初このシステムを信用していなかったアドルフも置き土産には大変嬉しそうな顔でした。「ミヤギさん マテリアル 残って無いの?」大笑いですね。