ローカルフィッシング西表
ENGLISH contacttel
address


パラオ最新情報

ケアンズからバラ便り、、、。

久しぶりのヒンチンブルック

皆さんこんにちわ。オーストラリア ケアンズの青柳です。

こちらケアンズは冬に向かい日々寒い日が続いています。まあ、それでも、朝の最低気温は11℃ですが。バラマンディは水温関係なく釣れるのでよいですが、ボートがスピード上げると釣り師にとって寒風が身を切ります。といってもやはり冬の日本ほどではありませんが。

さて、今回は1年に最低2回は西表に釣りに行くという釣り師です。西表は第2の故郷ということなんだそうです。ケアンズにも最低でも年一で来ていただいております。いつもは釣行は2日間ですが、今回はもう半日時間があるということなので、いつもの川行きはやめ、例のヒンチンブルック島へ遠征となりました。全行程2泊2日半ということです。 さて、ヒンチンブルック島ですが、ケアンズから南200km弱のところにある島としては国内最大の国立公園です。この周りのマングローブ域が釣りのエリアとなります。

今回は中日当日が満月に当たり潮は大きく動きます。干満の差は2m半以上。満潮時はマングローブは潮でヒタヒタになり、魚は奥深く入り込み釣りになりません。こういう時は、ロックエリアでの釣りとなります。島の一部は大きなゴロタで覆われている場所があり、ポイントはそこになります。潮が引いてくるとマングローブを攻めますが、早くしないと干上がってしまい、ポイントはなくなります。ちょうどよい時間帯はどこいっても20分から30分で移動が忙しい忙しい。

今回は残念ながら62cmのバラマンディが最大でしたが、調子がよければロックエリアでメーターオーバーも期待できる場所です。

バラマンディ以外には、コッドが多く、そしてGTです。マングローブジャックは少ないという印象です。また、今回はエビの形に似せたワームも使ってみましたので、クロダイがよく釣れました。でも、クロダイはそれこそ西表でいくらでも釣れますが。

ケアンズ周辺での通常ポイントエリアはジョンストン川かデイントリー川です。すでに何回かケアンズで釣りをしている人であれば、2日以上あったら、こういうエリアへ遠征釣行と言うのもよいと思います。風景も違いますし何しろデカイバラマンディの可能性がありますので。まだまだ、ケアンズ周辺には普通と違った釣りのポイントがありますので、いかがでしょうか?